2019 秋M3 新譜

注意!

今回の内容でか今回のテーマはちっとセンシティブです!

いつもふざけてるけど今回は結構真面目で結構内容が尖ってます。

自分なりにいっぱい考えまくってるもんの一部を詰め込んでまして。

私事ながら過去の自分をありのままにと思ったら不快感を煽ってしまうような形にもなってしまいました。れりごー。

まぁ、それだけ真面目です。こいつはテクノ道を求める人間の修行記録じゃ…!

つらいこと くるしいこと

耐えて 耐えて 耐え忍んで

乗り越えた その先の景色は きっと美しい

流した汗も 涙も みんな みんな 美しい

僕は、 私は、 そんな

きらきら輝く 素敵な人に

なりたくありません。

↓なんてコメントして、あれから1年↓

https://portalno13.wordpress.com/m3-2018-autumn/

1年前たしかにそういった!だがしかし!
だからと言って、現実から逃げるわけにはいかないんですよ。
なにもせずにひきこもるわけにはいかないんですよ。
…だから音楽をやるっていうとなんか夢を追って音楽みたいな人と変わらなくない?

昔に戻ろう。

自分はどんな風に音楽をやっていた?

そりゃぁ…個人的に? ひっそり楽しむ目的で?
楽曲公開しようと思ったけど、かなり抵抗感があった。
中学生からローカルでバンドやってて
ウェブ上で重い腰をやっと上げたのが2012年だし。

なんでだっけ。

…なんとなく。不安だった。枠に入るのが。
創作といいながら、みんな同じ方向向いてるから。
独占欲や性欲に溺れるだけの量産型ラブソングから感じる味気無さと同じ。
そんな中で、音楽で、人生を本気で考えるとか、なんなら、愛はなぜ生まれるのかとか、
そんなこと主張してもさ、マイノリティだもん。
だれも見向きもしてくれないと思うもん。

でも、そんな理由で公開してなかったわけではないでしょ。
本当の理由は、ほかの趣味でも毎回やってきた高みの見物。

ジャンルに沿って同じような音楽を作る人々を乾いた眼で見てただけでしょ。
自分のやってる音楽はそんなに崇高なものだと思ってる?

思ってた時があった。
浅い音楽はいいけど、
浅いことをこぞって受け入れてる音楽は
やっぱきついなと思っていたし。

そこで、自分が求める音楽や、
音楽起点の価値観を確実に形にするために。

沼に浮く死体だけを追っていった。
こうは絶対なりたくない、こうなったら自分の描く目標が
達成できなくなる。それを思えば手段は選べない。

そのために切った人もいたね。

余計に誰も傷つけないくて済むならそれがいい。
うぬぼれ? いいえ。合理的解決。
もちろん、深いこと考えずに、純粋に快楽のために音楽と触るのもいい。
そういうたのしさもある。

でも自分がやりたいのはそこじゃない。 ただそれだけ。
でも、その輪に入らない理由には別にならなくない?
すみわけすればいいじゃない。

…めんどくせぇ☆

音と向き合う空間においてはそっちに集中させてくれい。
音楽は聴覚を用いた麻薬みたいなものとするなら、
私がやりたいのは麻薬栽培じゃない。
交配とか新種の麻薬の研究開発、
そして麻薬を超える概念の探求なんだ。
音のから感動を得られるなら、
なんで感動できるんだろうとか、
音楽を通じてものを考えていきたいんだ。

それで、その発見をみんなと共有したいんだ!


っていう感じの仮想のキャラ作って1:1で会話させてる感じの
まとめ記事近年よく見かけるよね。
なんかうさんくさくない?
なんか偉い人みたいな設定の人がいてさ、偉い人がこう言ってるから
こうなんだ世みたいな感じで、無理やりs(アルバムと全然関係ないので割愛

というわけではいどーも!のいさんです!
なーんか重苦しいかったり辛辣だったりするイントロダクションから入ったけど、
まぁ3割捏造7割事実って感じ。さーてどの辺が事実なんだろうね。

まぁ、割と思ってることなんですわ。

私も音楽やってる理由楽しいのもあるけど、色々人生悩んで考えてってあるけど、
こうやって文章にすることにより理解が深まることもあれば、
曲にすることにより理解が深まることもあるんですよ。

ていうか音楽の場合は毎回ですね。おかげさまで。
しかも音楽の場合はほぼ確実にレスポンスまでもらえるので、
文章とは異なる学び方もできますね。おかげさまで。ありがとうございます。

でもこんなスタイルに持ってこれるようになったのはなんだかんだで2015年くらいから?
それで、それより前は、どうやったら音楽でそういうコミュニケーションができるんだろうって悩みに悩み続けてたんですね。

そもそもの音楽始めた理由が楽しいからはさておき、
なんで楽しいんだろがスタートだからね。

あの曲にあこがれて作る音楽とか、
こういうジャンルが作りたくて作る音楽とか、
音楽が楽しいからでやる音楽とか、
みんな楽しいんだけど、私のやりたいことはどれも違う!

どないせいっちゅーんじゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!

いつしかね、永遠に孤独との戦いだと絶望視してたんだけどね。

それでもいろいろ探し回ったよ。多くのプレイヤーを見てきた。
多くの作家、音楽学校、出版物、まぁ、もうぜんぶ。触れるもの全部。

何度もヒステリック起こしたよ。 そのたびに周りから人が消えたよ。
でも、目線の先にある存在が、お前はこっち側だ。いいから。こっちでいいんだ。
そう手招きしてくるわけで。

でも、楽しいだけでは音楽をやったとしても、
公開する理由にはならないよね。
個人的にやってりゃいいじゃん。
個人の趣味なんだから。

だから、2012年くらいまで、楽曲を公開することなく、学祭レベルでやってた。

まぁ、世間ではどちらかといえば音楽を作るってなると、
個人的レベルでも、公開する傾向にあるけど。

今時は趣味は共有するものだ。作品としてもそうだ。
昔は逆にギークスは陰でわかる者同士で楽しんでただろう。

時代は変わったんだよ。でもそんなの知らん。お前はお前だ。

私は純粋な楽しみや快楽だけもいいが、それだけでやってんじゃない。
半ば生きかたを考えるためにやってるんだろ。
存在意義を見出すためにやっているんだろう。
吐き出すものに責任を持つんだ!
何の意味も生産性もない我慢をし続けて生きていくより!
少し苦しくてもすべてに意味があり刺激的な生活の方が

よかろ?

こうして新たなCDタイトルが生まれた___

2019 M3 New Mini Album

X-1 (PEKE NO ICHI)

ぢゃけっとなうぷりんちんぐ…

開催日 : 2019年10月27日開催 11:00〜15:30
会場 : 東京流通センター
ブース番号 : 第一展示場 I-10b
3曲 500円!
公式サイト: http://www.m3net.jp

Tr.1Criminal Ignorance

(製品版は音声が多少変わります。)
ジャンル 一瞬Ambientによせたなんか
自分の正しいと思うことは本当に正しい?
よく考えてみたら間違ってたなんてことない?
理解不十分で周りの情報に流されて主張してない?
何をもって正しいとしてる?
その正しいと思う気持ちだけで嘘をついてて、
無自覚に人を騙したりしてない?
人の話は信じる前に、何度でも考察しないと。
次の嘘つきは 自分かもしれんぞ。

まぁ、しゃーない。その気づいてない罪の代償は、
本人の気づかないところで、お金に限らずいろいろな形で払い続けることになるから。

…ほぼ全部お金に結びつくけど。減らしたいなぁ。賠償。


Tr.2 Song CurseU

ジャンル Forest Psychedelic Death Techno
自らの作りたい音楽ばかりをやり続けた結果、
外の音楽へのアンテナが失われる。
自らの好きな音楽ばかり聞き続けた結果、
外の音楽への抵抗感が生まれる。

表現したいんでしょ?
なら広い視野を持たなきゃダメなんじゃないの?
広い視野を持つために一切を徹底するべきと思う。
ローテーションを感じたら即断ち切るべき。
わざわざ作りにいくなんてもってのほか。
自分のカテゴリは作っても、
ジャンルから作るのは、私は避けたい。

だってパターンに入れば入るほど

どんどんパターン外の曲が
作れなくなるじゃないの。


 Tr.3 Convergent

ジャンル VaporWave
前にTwitterでやるっつったIntegralのアンサーソング。
Differentialって予想した人はIntegral100回聴き直しか高校数学の赤チャート10周やり直し!(???
物事を深く深く深く理解しに行き続けると
必ずまっているものがある。
一瞬で脳内で起こる全知識の答え合わせ。
その先は、到達者共通の見識。
道はいかなるものであれ、
理解の定義をひたすら更新し続け、
五感に触れる全てを答え合わせし続けたら、

最後には、世界の端っこで、断崖絶壁の上、縁に到達するんです。自分の観点ですが。
その瞬間に、自分はこの世界では絶対に道を踏み外さないな!ってなるっていうか、
広くて美しい世界が見えて、そんなリスクどうでもよくなるんですね。
私の中では1つの世界で、確実に縁に到達したってものがありまして。
同時にこれ全分野で同じくみれる景色だよなってその時直感した記憶があります。

早く音楽でも同じ景色がみれたらいいな。
どこかで、縁は近いよって教えてくれてる声が聴こえるけど、焦らずいこうね。 ありがとうございます。